•  
  •  
  •  

ついに自己破産の時代が終わる

ついに自己破産の時代が終わる 気になる結婚式はこちら。
醤油・味噌・塩・豚骨と言えば...

そう!ラーメンです!

最近職場の近くに気になるラーメン屋さんを見つけました。
激混みというわけではないけれど、絶えず人が入っている様子。

良く見ると「鶏白湯(とりパイタン)」って書いてあります。

「鶏白湯」と言えば、醤油・味噌・塩・豚骨に続く第五のスープと呼ばれているものではないですか!
若者。特に女性を中心に虜になる人が急増中という噂も。
「もう他のラーメン食べられませぇん。」とインタビューで答えている人をテレビで見たことあります。

これは、行くしかないでしょ!

私〈入店〉「すみませーん」
店員 「いらっしゃいませぇ」
私 「鶏白湯ラーメンを一つ」
店員「はい!かしこまりましたぁ」


出てきたのは「これ豚骨か?」っと思ってしまうほど「とろっとろ」で白く濁ったスープにストレート細麺が入ったラーメン。
しかも、レモンが添えられていました。「途中まで食べたら、絞って、味の変化をお楽しみください」とのこと。
はじめてのブライダルのローンの教科書

ずるずるっと一口
私「(う~ん。濃厚だけど後味がさっぱり。スープに旨みとコクがギュッと詰まってて....おいしゅうございます)」


たしかに「第五のスープ」と言われるのもわかります。まったく新感覚の味わいなんです。
今まで食べたことない味だけど、なんの抵抗もなくスルスル食べれてしまうのが不思議。


レモンを絞ったら更にさっぱり感がアップ!

でも個人的にはなくてもいいかも...(店員さんごめんね)


「鶏白湯」というぐらいだから、鶏をぐつぐつ煮たのかな?骨ごと?

でも、ちょっとやそっと煮込んだぐらいじゃ、このとろみ、旨みは出せないんじゃないかな?
作る人の苦労が見え隠れするのもこのラーメンの魅力かもね。


kbhta.com

Copyright © ついに自己破産の時代が終わる All Rights Reserved.